KK RGB Print

【理想をカタチにしよう】同人誌なら印刷所に作成してもらおう

ネットで依頼する

多彩なプランがあります

印刷

昔に比べて一人でも無理のない範囲で同人誌制作をはじめることが出来るようになったのには、多くの印刷所の存在があります。コピー機では再現できない高品質の印刷を多くの同人作家が利用してその活動を楽しんでいますが、初めて利用する際には何か留意するようなことはあるのでしょうか。インターネットで検索してみると、同人誌の印刷を請け負っている数多くの印刷所が目にとまります。その中からただ漠然と印刷所探しを行なうのもなかなか大変ので、選択を容易にするにはまず自らの同人誌作りのプランを明確にしておく必要があります。現在の同人誌印刷所はオフセットやオンデマンドなどの印刷方法やページ数、また印刷部数やカラーの有無などによって多彩なプランやお得なパックが用意されていることが珍しいことではなくなっています。さらに出版物以外のグッズ製作を手掛けているケースもあるので、自らの同人誌制作のイメージがハッキリしていればより印刷所選択の焦点は合いやすくなります。それでも分からないことがあれば、インターネットの情報を参考にしたり各印刷所にメールなどで問い合わせを行なってみましょう。申し込み方法などに関しては各ホームページで丁寧な記載がある場合がほとんどですので、あまり心配はしなくても良いかと思います。ただし締め切りについての詳細や同人誌の内容に関して規定があるケースもあるのでトラブル回避のためにも事前にしっかと確認しておくことが、スムーズな制作の秘訣になります。

小部数にも対応している

ペンタブレット

いつしかマンガやアニメの熱烈なファンはオタクと呼ばれ、漠然と根暗な趣味だと思われてきました。しかしこれらのコンテンツは、いまや日本が海外に誇る文化に成長し、一つの産業としても注目されるようになっています。日本においてはプロだけでなく、素人であっても自作のマンガや二次創作作品を同人誌という形にして発表する機会があり、新たなクリエイターを産み出す土壌に恵まれているのです。同人誌は営利を目的として出版される書籍ではありません。そのため発行部数は数十部という作品もあります。コンビニのコピーサービスを利用して簡単な冊子の形にまとめられる場合も多いのですが、小部数であっても仕上がりにこだわりたいのであれば、同人誌専門の印刷所がおすすめです。大抵はパック料金になっており、ページ数と発行部数で基本料金が決まります。追加料金を払えば表紙に用いる紙を艶のあるコート紙に替えたり、インクを蛍光色に差し替えることも可能です。また、印刷所に製本を依頼すると仕上がりは基本的に糊綴じ製本です。この方式であれば、ページ数が多く厚みのある本も見栄えが良くなります。表紙のデザインを工夫して、一般の書店に並んでいる本のように背表紙にタイトルを入れられるのです。同人誌印刷を手がける印刷所は様々な表現に対するニーズに慣れています。大型イベントに合わせて印刷依頼が集中するので、一般の印刷所とは異なり、早期入稿割引などがあるのも特徴です。

自宅で行う方法もある

色見本

同人誌を印刷する方法には様々なものがあります。最も簡単かつ安いのは自宅のプリンターで印刷する方法です。書店の委託販売などはできないことが多く、製本の手間もかかりますが、ごく少部数を作るときには便利な方法です。失敗してもすぐやり直せますし、表紙に装飾をしたりとオリジナリティあふれる同人誌を作ることもできます。次に安いのは出力センターとよばれる、印刷のみ請け負っているところやコンビニで出力する方法です。これも製本の手間はありますが、自宅のプリンターよりも早く印刷ができ、かつ早いという魅力があります。ある程度以上の部数を印刷したい場合や、きちんと製本してもらいたい場合は印刷所に依頼するのがおすすめです。最近はネット注文により格安で作れる印刷所が増えてきており、少部数にも対応しているところが増えています。同人誌の印刷を専門に請け負う印刷所も多く、様々な面で融通がきく便利さがあります。印刷所での印刷方法には大きく分けてオフセット印刷とオンデマンド印刷という方法があります。オフセット印刷は版を作って印刷する方法で、同人誌の部数が増えるほど一冊あたりのコストは安くなります。印刷もきれいで、プロユースにも適しています。ただ少部数では割高です。オンデマンド印刷はデータをその都度印刷するもので、少部数の印刷ではオンデマンド印刷が主流です。およそ100部を超えるとオフセット印刷の方が安くなりますが、それ以下の少ない部数では安くなります。色はオフセット印刷に少し劣りますがそこまでの差はありません。

自主制作で行う

読書

同人誌を作成するときは印刷業者によって料金やサービス内容が変わってきます。同人誌専門の業者に依頼すれば印刷から製本まで行ってくれるところがほとんどですし、イベント会場まで発送してくれるサービスをつけている業者もあります。

もっと読む

オタク文化に欠かせません

冊子

サブカルチャーとしてオタク文化が根付き、同人誌を出す人も増えました。現在では、アニメや漫画の二次創作物を同人誌と呼んでいます。印刷所も様々なメニューを取り扱うようになったため、自分たちに合ったところを選びましょう。

もっと読む

本づくりは業者に依頼

ウーマン

今では個人が同人誌の印刷を専門の業者に依頼することも珍しいことではなくなりました。高品質の印刷を無理のない値段で行えることが最大の魅力ですが、その他にも印刷方法や予算に合わせた多彩なプランがあることが人気の秘密です。

もっと読む